ジョムティエンビーチで過ごして癒される(静寂のパタヤ)

ジョムティエンビーチ タイ
ジョムティエンビーチ

ジョムティエンビーチでの過ごし方

パタヤビーチ周辺は、ビーチはオマケでナイトライフがメインのような大人の遊園地ですが、ジョムティエンではそんな喧騒を離れて、自然に癒やされて、のんびりと過ごすのがいいと思いますねぇ。

バンコクから一番近い綺麗なビーチは、ジョムティエンビーチだと思います。

ググると、汚いと言っている人もいるようですが、それは間違いです。

エラそうにナニサマのつもりか知らんけれど、パタヤよりも湘南よりも綺麗ですよ。

私はワイハかモルディブじゃないと綺麗と思えないってか!?アホちゃうかと思いますわ。

私の前に三脚を立てて、こっちが恥ずかしくなるようなポーズをして自撮りをしていたタイ女に失礼です。

一人で撮った後、男を呼んで、こっちが恥ずかしくなるような密着で撮ってました。

綺麗なところだから撮りたくなったのではないでしょうかね。

ジョムティエンビーチ

ジョムティエンビーチ

おっさんの私が数年ぶりに泳ぎたくなった訳ですからね。

泳いだ私にも失礼です。

気持ちよかったですが、もっと気持ちよくなろうとして、おしっこしたかったけれど、我慢しました。

なんだろうね。誰も見てなくても、謙虚さが出ちゃうんだと思いますね。

育ちが良いので。

臨海学校のときに、新潟の海で出したときは、本当に気持ちよかったです。

でも、私は子供の頃から気遣いの人でしたので、同級生にはしゃぎながら生暖かい海水をかけたりしませんでした。

同級生から離れたところに移動し、波に乗って、ふわっとしながら、発射しました。

あのふわぁとした感覚での発射が、快感でした。

大人の階段を少しずつ上っていたのだと思います。

おっと、ジョムティエンビーチから新潟のビーチに話が飛んでしましまいましたね。

タイと言えばシンはビール

タイと言えばシンハビール

気持ちよかったのは、美しい自然だけでなくて、ビールも手伝ってくれましたかね。

シンハで酔っぱらって泳ぐ海は危険でしょうか。

そう!危険でした。

遠浅ではなくて、ちょっと行くと急に深くなります。

海から上がっても危険でした。

希少な若いロシア女の曲線に目を奪われ、危険を顧みずチラ見しました。

周りの大方のロシア人は年老いたセイウチかトドでしたが。

なんてこと言ったら怒られますかね。

ジョムティエンビーチ

ジョムティエンビーチ

写真の時間は朝10時頃ですが、昼になるとセイウチが集まってきます。

この辺は、引退したロシア人ばかりが住人のような集合住宅があり、旅行客だけでなくて、生活しているファランが多いです。

ロシア語表記だけのメニューのタイ料理のレストランも珍しくないです。

さて、そんなタイのロシア人街、ジュムテインビーチは何処にあるのでしょうか。

バンコクから来たらパタヤの先という表現でいいのかもしれません。

 

ジュムテインビーチの行きかた

スワンナプーム空港からの行きかたは、こちらのバンコクのスワンナプーム空港からパタヤへバスでの行き方を参考にしてもらえらばと思います。

バンコク市内からも同じで、エカマイのバスターミナルから高速バスで移動するのが、一番リーゾナブルだと思います。

2時間くらいです。

ジュムテインビーチはパタヤビーチの更に先にあります。

パタヤのビーチロードからはソンテウで移動するのがいいと思います。

ノースパタヤから歩いてきて、ウォーキングストリートの先の方向です。

ですので、ウォーキングストリートの手前の道路で乗れば行ける可能性は高いですが、そっちまで行かないで戻ってくることもあるので、乗るときにドライバーに確認したほうが無難でしょう。

 

屋台がいいね!

ナイトマーケット的なものもありますし、昼間っからやっているところもあります。

マンゴーは絶品でした。

パタヤビーチ周辺より安く、勿論バンコクよりも安く、日本と比べれば破格でした。

超、超、超、超、美味しかったです。

 

他の料理も、リーゾナブルで、どれも美味しかったです。

麺類は全般的に甘いですね。

この店のは安くて旨くて、リピートしました。

この蟹サラダは、マジで美味かったです。

しかし、翌日ピーピーになった原因とも思いました。真水を使って洗っているのが、当たったかなという予想で、確かではありませんが。

マッサージもいい!

この辺りは、マッサージ屋もたくさんあります。

値段もバンコクより安いですね。

ホテルの近くで入った店が、抜群に上手かったです。

こればかりは、安かろう悪かろうもあるし、日本でもそうですが、施術者の腕次第ですし、外からは判断できませんので、運しだいともいえます。

例え運わるく外しても千円くらいですし、同じ内容で日本だと3~4倍はすると思います。

オイルマッサージなんて5倍くらいしそうです。

あ、そうそう、オイルマッサージといえば、意図せずして、スペシャルコースのあるマッサージにも当たりまして、別次元での気持ちよさも体験してきましたので、そのあたりの話やバービアでのことも今度書きたいと思います。

今回はジョムテインビーチの紹介でしたので、この辺で終わりたいと思います。

タイ
タイトルとURLをコピーしました