Don’t Look Back In Anger【Oasis】歌詞 和訳

洋楽

Don’t Look Back In Anger【Oasis】歌詞 和訳

Slip inside the eye of your mind
Don’t you know you might find
A better place to play
You said that you’d never been
But all the things that you’ve seen
Slowly fade away

 

きみの心の瞳の中に滑り込む
楽しい遊び場を見つけるかもしれないってことを
君は知らないのかい?
君は言ったよな 一度もそんな場所にいたことはなかったって
でも君が見てきた全てのことは
ゆっくりと色あせて いずれは消えてしまうんだ

 

So I start a revolution from my bed
‘Cause you said the brains I had went to my head
Step outside, summertime’s in bloom
Stand up beside the fireplace
Take that look from off your face
You ain’t ever gonna burn my heart out

 

だから おれはこのベッドから革命を起こすんだ
きみは おれのことを自惚れ野郎だって言ってたからな
真夏の外へと歩き出す
暖炉の傍らで立ち上がる
そんな顔しているなよ
君はもう おれの心を燃やしつくなんて出来ないんだ

~~~~~~~~~~~~~~~

Take me to the place where you go
Where nobody knows
If it’s night or day
But please don’t put your life in the hands
Of a rock and roll band
Who’ll throw it all away

 

おれをきみが行くところに連れて行ってくれよ
誰も知らない場所へと
昼でも夜でもかまわないから
でも どうか君の人生をロックンロールバンドの
手の中に置くようなことはするなよな
奴らは君の人生を全て投げ捨ててしまうんだから

 

So Sally can wait
She knows it’s too late
As she’s walking on by
My soul slides away
But don’t look back in anger
Don’t look back in anger
I heard you say
At least not today

 

そうさ サリーは待ってくれるかもしれない
おれ達が共に歩むのは もう手遅れだって知っていながらも
おれの魂はそっと離れていく
でも彼女が言うのを聞いたんだ
「振り返って怒らないで」って
「振り返って怒らないで」
せめて今日のところは…

 

気になる英文の意味と解説

意味云々の前に私がてこずったのは、この部分の訳でした。

Cause you said the brains I had went to my head

初めは直訳しましたが、どうにも変です。
調べたらgo to one’s head で「うぬぼれ」という意味とのことでした。

これ学校で習いましたか?TOEICの参考書にもなかったような。
オンライン英会話の非ネイティブ講師に聞いてみてください。「うぬぼれ」を説明できる人はほとんどいないのではないかと予想します。

bloom も 初めはホコリと訳していました。校正の時にbroomではなくて bloomだと気が付きました。危なかった・・・。

因みに前日に何回もdust my broomという曲を聞いていたからです。言い訳です。でも、本当です。

 

もうひとつ、特に初心者には難しいと思ったところは、
Take that look from off your faceのくだりです。

Look は 日本人としては動詞の「見る」がパッと出てくるので、名詞の「表情、目つき、顔色」が出てきづらいと思います。複数形だとルックスで分り易いと思いますが。

顔から表情を取り除く→そんな顔しているなよ。

外国人が日本語を使うときに苦労するのが多義語ですが、私たちが英語と向き合うときも苦労するのが多義語ですよね~。

 

ところで、昔オアシスの生演奏でこの歌を聞きました。

真夏の苗場スキー場で。
フジロックフェスティバルですね。

一番盛り上がった曲だったような気がするのは、オアシスの中で一番私が好きな曲だからかもしれません。

この歌が何故こうも人気があるのかと言ったら、それはもちろんオアシスであることと楽曲の心地よいメロディが大きいと思いますが、サビの部分でもありタイトルでもあるDon‘t look back in anger の言葉も支持を集める要因だと思うのです。

「振り返って怒るなよ」

過去の他人に怒っても、
過去の自分に怒っても、
いったい何になるというのでしょう?

嫌な気分になって、消耗するだけです。
もう存在していない過去のことで、今を生きているあなた自身が。
無意味なことをして、疲れてもつまらないでしょ?

そんなことを悟ったように言っているくせに、さっきの店員の態度に腹立てている自分がここに居たりします。

そんなときは歌ってやりましょう。

Don’t look back in anger
I heard you say
At least not today

タイトルとURLをコピーしました